更年期障害とプラセンタ

Pocket

女性は女性ホルモンの分泌の変化によって、小児期・思春期・性成熟期・更年期・老年期に分けられます。

更年期というのは閉経をはさんだ前後5年の事を言います。
更年期障害は加齢によって卵巣機能が低下し女性ホルモンが減少してしまう事によって引き起こされていると言われます。具体的には、のぼせやめまい・ふらつき、食欲不振や冷え症など。
精神的にも、うつ気分やイライラ感、不安感に疲労感・倦怠感など多くの症状がいくつも重なっている場合がよくあります。

プラセンタは幅広くたくさんの病気に効果がありますが、更年期障害にも効果的です。プラセンタには自律神経のバランスをとる「自律神経調整作用」やホルモンのバランスを整える「内分泌調整作用」等がありますので、自律神経が乱れる事無くホルモンバランスも直り、症状が改善する事が可能です。

また、プラセンタには疲労回復にも効果がありますし、基礎代謝を上げて血液の循環を良くする働きもあります。色々な成分がそれぞれ複合的に働き、辛い更年期障害を和らげてくれるのです。

Comments are closed.